FC2ブログ

記事一覧

◆第11章:妄想の裏側





バンコクに出発する当日の朝、私は、ドキドキが止まらなくなった。
昨日はあんなに落ち着いていたのに。
メッセージらしきものを感じ取って、メモして、もう彼に対しての使命は果たせるでしょう?

なのに、なんで、こんなに落ち着かなくて、胸がドキドキするんだろう・・・。
ハッ!これがまさか恋??

いやぁ、ホントこの歳になって、やめて欲しい。
いや、でも待って、私、どうしたかったんだっけ?

(20年も好きだったんだからチューぐらいさせてくれよー!)

ハッ!皆の前でこんな事言ってた?言ってたな・・・。

いやいやいや、ダメですよ、ダメですって。昨日、なんて結論出てたんだっけ?
えーと、えーと、彼の事がこうだったんでは?って思ったんでしたね。

彼が私の事が忘れられなくて、高校を中退して追いかけようとした。
でも、行けなくて大学に進学して会おうとしたのに、私にヒドい事言われた。
で、傷心の彼は海外へ。
で、今は彼女が居るけど、私からの連絡により、同じように恋心の蓋開いちゃた???

・・・・

あ、そういえば、なんか、昔見えたイメージがあったなぁ。
私、自分と他の人の過去とか未来とかイメージでフラッシュバックする事があるので。

なんか、彼が高校の先生だか、誰かから、
「あいつはお前が思ってるような女じゃないよ」
って言われているシーン。

あとは、私の電話番号かな?誰かから聞いた時に、彼が、
「でかした!」
って言っているシーン。

ん?て事は、こういう事??
----------------------------------------------
高校を中退すると言って、彼は親にかなり反対された。
自分で学校に辞めると伝えた時には、先生に、東京に行きたいんだと伝えたが、
「あいつはお前の思ってるような女じゃないよ」と言われた。←ここ見えたとこ。
勝手に辞めた彼に、親がお金を出してくれるはずもなく、大学に行くのなら良いと言われた。

関東を選んで進学、群馬大学に入ったものの、私の連絡先が分からない。
男友達の誰かに聞いた時には、「でかした!」と彼言った。←ここ見えたとこ。

満を持して私に電話するも、ご存知の展開。

東京にいる意味を見失った彼は、就職した後、進んで海外勤務を希望。

海外在住の辞令も喜んで承諾。

で、バンコクに12年在住。恋心再燃。
----------------------------------------------

コレ―?こういう事???
そうなの?そうかも!いやそうでしょう!!!

て、事は、私、まず、彼になんて言わないといけない?

えーと、まず、
「なんで、あなたがバンコクに居るのかの理由が分かりました。」

そんでそんで、
「今まで傷つけてしまってごめんなさい。」

そんでそんで、
「私達、すれ違ってばかりだったね。」

・・・・その後、どうしよう。

あ、いやいや、彼のお母さんからのメッセージがあるでしょうよ。
その話もしなきゃね。
でも、信じてくれるかなぁ・・・、高校の時、私、不思議ちゃんだったかなぁ・・・。
大人になってからは、不思議ちゃんって言われた事あったけど、音楽業界ではこんなヘンな子いっぱいいたから、別におかしいと思ってなかったんだけどな。

いや、でも普通の人は、こんな事理解出来ないよね、たぶん。
彼、理系な上に、理性的な人だから。

あ、たぶんウチの主人も分からんだろな・・・。
て、ゆーか、主人にはなんて説明すればいいのよ、この状況・・・。

どうしよう・・・。

お互いに恋の炎が燃え上がったらどうしよう・・・。

(恋の炎でヤケドしないでくださいねー。ハハハハ。)

ハッ!金さんの声が聞こえる!
そうよ、そうよ、ヤケドどころじゃすまないよ、離婚だよ、訴訟だよ、養育費だよ。ウチ子供3人居るんだよ?

でも、彼のほうがその気だったらどうしよう・・・。

あ、イヤイヤ、図解の結果を思い出せ!

彼=理性的
私=感情的

ほら、私が止めなきゃいけないでしょ?やっぱ!!
つーか、私が盛り上がっちゃダメなんだってば!

もーぅ、じゃぁ、このドキドキなんとかしてよー、誰か~・・・。

あ・・・ん???あれ???
何か違う気がする・・・。あれ?あの手紙、違うの?何か違いましたか?

私は、部屋を出る前に、また、何かを感じ取った。


そうこうしている間に、チェックアウトして空港に向かう時間になってしまった。

ホテルの前で、ドアマンの人がタクシーを呼んでくれた。
私が乗り込むと、「行き先は?」みたいな事を聞くので、「タンソンニャット国際空港ね。」と英語で伝えて、ドアを閉める。

ドアマンが窓からドライバーに、なんとかかんとか、言って、車は走り出した。

はー、後、何時間後に会っちゃうの?私。
14時40分着って事は、今が11時だから、3時間半くらいか・・・。

あと3時間!!!

いやー、もうドキドキがマックスです!なにこれなにこれなにこれ。
とりあえず、誤解を解きに行きたいだけなんだってば。
このなんか、こう、ドキドキしてるのは、間違いなんですってば。
久しぶりで、私が緊張しちゃってるだけなんだってば。

落ち着けー、落ち着けー。うーんと落ち着く時は何をすればいい?
人の字を3回書いて、飲み込む?
1,2,3・・・効かねーわ!!!

あー、もうダメ。というか、私が疲れた。
あー、疲れたー!自分で盛り上がっちゃダメでしょー。

よし、このくらいやる気ない感じで行こう。

相変わらず、頭ポワポワだから、ちょっとおかしいって先に伝えよ。
あ、あと私たぶんADHDだから、嘘はつかないでって言おう。そうしないと、また嘘つかれたり、隠されたりして、誤解がとけなくなっちゃう。

そんで、高校中退した理由から、聞いてみようかな。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森川愛(あいぷり)

Author:森川愛(あいぷり)
2000年にデビューした作詞作曲家、歌手です。
現在は小説を執筆中です。(映画化する為に奔走中です)
得意な事は、歌、司会、前世占い、
ライティング、インターネット通販、アフィリエイト広告コンサル、会社経営、
周りを元気にする事など。

公式サイト
http://morikawaai.com/

facebookページ
https://www.facebook.com/morikawaai/

Instagram
morikawa_ai

Twitter
@ai_morikawa

最新コメント