FC2ブログ

記事一覧

◆第16章:初めてのデート(7)





タイ語で何か話してから、電話を切って彼が言った。

「彼女が写真送れって言ってるから、写真撮ってもらおう。」
「あ、それは、疑ってるんでしょ?何もございませんよー的なヤツを取ろうか。」

とはいえ、少し慌てている。淡い恋心が表情に出てしまったらどうしよう。
あと、ブスじゃないと彼女が心配する、心配する、だからブスな顔で!

結果、緊張しちゃって肩をすくめて、目が見えなくなるくらい笑って目を細めた。
普通に盛り上がってるから、遅くなりますー的な印象付けをするか、と思って、親指を立ててグー。
その手が緊張しちゃって、なんだか腕を全部思い切り伸ばしたポーズになってしまった。
お店の人に写真を撮ってもらって、彼が確認する。

「うん。」

と、彼がうなずくので、えー、ちょっとわざとブスにしないとと思ってこの顔なのに、
あんまり確認しなくていいですよー、こんなブス見ないでー、と心で思いながら、スマホを見せてもらう。
うーん、まぁ、私の中ではブスなほうだ。まぁいいか、これで。
彼にスマホを返した。

二人で席を後にして、階段を降りる時、意外にも彼がエスコートしてくれた。
階段を一段降りたところで、手を差し出して待っている。

「はい、どうぞ。」
「あ、ありがと。」

こういうのは、よく男性がやってくれるので、割と慣れてる。

ところが、1階に降りても手が繋がったまま、出口まで歩いている。
あれ・・・。あれ?
エスコートした時の手の形で、指と指が軽く繋がれている。
ん?どした?何故このまま?

そのまま、お店を出て、隣の隣が昨日のスナックだ。
彼は、言った。

「さぁ、じゃぁ、カラオケに行こうか!」
「イヤイヤイヤイヤ!それはこの状況では無理でしょ!」

私は、繋がっていた手を離して、立ち止まった。

だって、お店のお姉ちゃんたちに、完璧に不倫してると思われますわ。
だって、「長い間」を私に歌わせたって事は、昔の恋の歌はこの子に歌わせなって事。
つまり、私達の関係が分かってたワケでしょう?
(他にも、昔の恋人に対する歌ばっかりなぜか歌っちゃったよ。選曲が秀逸過ぎるほどに。HYの366日なんか感情込め過ぎだったし。別れた恋人に対する歌って、こんなに沢山あるのかってびっくりしたもん。)

「いやいや、大丈夫でしょ?」
「イヤー、イヤイヤ、絶対無理だってば!」
「大丈夫、大丈夫。」

そう言って、彼がお店のドアを開けに行こうとしたから、私は、強く彼の腕を引き寄せて、自分の胸の位置で固く抱きしめて、彼を見上げた。

「ムリだって・・・。」

-----回想-----
もう、まったく私には聞こえていない金さんの声。
「腕をさわる、目をじっと見つめる、はダメよー。」
--------------

すると、彼は、うーん、と考えてから、こう言った。

「よし!じゃぁ、あそこいこう!」
「やっと分かったね?ココは無理でしょ?あー、もう分かって良かった!」

私は、彼の腕を掴んだまま、背中をバンバン叩いて、笑いながら歩いた。
彼が止めたタクシーに二人で乗り込んだ。

「とっておきのところがある。」
「どんなとこ?」
「いい雰囲気のとこ。」
「へーいいね。」
「俺が女口説く時に使うとこ。」
「え!!なにそれ変なとこじゃないでしょうね?」

私、少しラブホテルみたいなのを想像してしまった。

「まぁ、楽しみにしてて。」
「もー、私、あなたとはセックスする気はありませんよ?」

もう、ホントそんな事出来るところに連れて行かれたら困るから、正直に言った。

「大丈夫、大丈夫。」

彼はニコニコしながらそう言う。

ええー、どんなとこなんだろうー。
ちょっと心配。でももう、タクシーは私のホテルを通り過ぎたし、ここまで来たら、後には引けないというか、なすがままにするしかないというか。

しばらく走るタクシー。そんなに遠くない場所。
着いたところは、なんだかめちゃくちゃ大きい高級ホテルだった。

ロビーのエントランスの車止めにタクシーが止まると、ドアマンがドアを開いてくれて、そこは街中の雑多でカオスなタイとは別世界。

洗練された、高級感のある内装の、広い通路を歩く。
壁沿いに背丈ほどの大きな花瓶が3つ並び、大きなユリの花がぎっしりと生けてある。

彼は私の手を軽く引き、エスコートしながら、エレベーターに乗った。
相変わらず、指先と指先だけが軽く触れている状態で。

到着して降りると、もう一度、別なエレベーターに乗り換えて、更に上へ。
洗練された深い紫の内装のエレベーターは、一番上までの直通のようだ。

エレベータの扉が開くと、右に階段があった。
赤いブラックライトで照らされたスタイリッシュな階段を昇ると、・・・そこには絶景があった。

バンコクの中心で360度市内を見渡せる、とても高いビルの屋上。しかも空との吹き抜けになっていた。
高さは200m以上はあるのだろう。空の中にぽっかりと浮かんだ円形のバーは、まるで屋根の無い宇宙船ようにバンコク上空に佇(たたず)んでいる。
まさに、天空のバーだった。

すごい・・ここ、すごい・・・。

感激している私は、席に案内され、何を飲むか聞かれた。
私はワインだったら何でもと伝えて、空を見上げた。
彼は、私の飲み物とジントニックを頼んだみたいだけど、私はもう、空に夢中だった。

私の五感は、全開に花開いていたと思う。
空間の全てを自分の身体に取り込みたいような、そんな気持ちになった。

「私、はたから見るとちょっと変な格好の人になってもいい?」
「いいよ。」

私は、椅子に横向きに座って、そのまま両手を後ろに持っていき、ガラスのついたてに寄りかかった。
真上を眺めると空が見える。地球の丸さを十分に感じ取れる開放感。
曇り空のおかげで、空に、穴の空いたフカフカの絨毯が敷き詰められていて、立体的に見えるのが深夜の時間ならではの楽しさだ。

「上見て何が面白いの?」
「面白いよ、見てごらんよ。地球丸いよ。」
「あ、ホントだ。丸い。」

「晴れてたらもっとキレイなんだけどね。」

と彼は言った。
私は、

「曇りでも十分キレイだよ。」

と言い返した。

地球の美しさに見とれていた私。
彼は何を見ていたのだろう。

ひとしきり、空間を堪能した私は、起き上がって座り直した。
出てきた赤ワインが抜群に美味しい事に、感激していると、彼が言った。

「ここ、俺が女口説く時に来るところ。」
「え。」
「あなたは口説かないけどね。」

彼は優しく笑った。

「一人で考え事する時とかも来たりする。もう少し早い時間だと客も少なくて、夕日がキレイなんだよ。」
「あー、良さそうだね。」
「で、ここで一人で夕日見ながらビール飲んでる俺、どう?」
「あなた、自分大好きだね。」
「・・・。」

「かっこいいね」と言われたかったんでしょう?もう分かってるよ。フフフ。


もう、心が繋がっている感じがした。
言葉が無くても、私、彼の気持ちを感じ取る事が出来てる気がした。
空に近い分、何か目には見えない力に、動かされていたんだろうか。

彼のお母さんからの、魂のメッセージを受け取った私は、彼の魂とも繋がる事が出来るような気がした。

そうか、私達はたぶん、ソウルメイト(魂の友達)なんだね。魂が繋がっているから心を通わす事が出来るんだね。

そして、また、色んな事を聞いた。

彼が仕事で辛かった時の話もしてくれた。
心臓が止まりそうな、頭の中でサーッと音を立てて血の気が引くような失敗をした時の事。
彼は目に涙を浮かべながら、

「あの当時、眠れなかったもんね・・・。」

と言った。

私の心が傷んだ。この時、彼の心と私の心はリンクしていたと思う。
私には、言葉で言われなくても彼の気持ちが、そのままダイレクトに伝わっていた。
自然と、

「辛かったね。それは本当に辛かったね。」

という言葉と共に私にも涙が滲む。
だって、彼の心が辛かったと叫んでいたから、そうだったんだね、としか言えなかった。
その時は、ただ、彼の心に寄り添う事しか出来なかった。

後で、考えても、分かるよ。
一人で様々なプレッシャーと闘いながら、どうしたらいいか、色んな考えがひたすら頭をかけめぐり、眠れなくなること。
自分のプライドや立場から、相談する相手も見つからず、途方に暮れてしまう事。
経営者って、そういう仕事だ。

この時は、彼に寄り添うべきだと、私の心が主張した。
後になって、改めて、彼に伝えるべき事があると思った。

私、本来、仕事がデキる女だったのを思い出した。
そういう時は、こうすればいい。

【頭の中を紙に書いて整理すること】
【心を開ける人に正直に相談をする事】

私は、今回の旅の使命に気付くのに、紙に書く事から始まった。
そして、最初に相談した、自分の会社の二人の仲間が居た。

私、日本に帰って会社に行ったら、まずは二人を順番にハグしよう。そして私は二人の事が大好きだと伝えよう。

社長は、時間の代わりに、お金を払う。
従業員は、お金の代わりに、時間と労力を提供する。
ただ、それだけの話だ。
漢字を見ると、いかにも社長が上で、従業員が下のような字面をしているけれど、その漢字は適切では無い。
会社が大きくても、小さくても同じだよ。

私の会社の二人は、私にとって、たぶん親友なんだ。
もし、この会社が無くなったとしても、私は二人とはずっと友達だろうな。
そして、親友は、「お互いを裏切らない」から「信用できる」。

でも、ニノといるこの時は、まだこの事実に気付いてなかったんだ。
今度教えるよ。あぁ、今伝わった?

その後、彼の仕事に対する思いや、熱意を聞いていた。
最初に聞いた時とは違う、彼の仕事への心からの想いが私の心にダイレクトに伝わった、その瞬間!

私、見えた。
あ、彼、成功する。

「もう、これ以上何も言わなくてもいいよ、あなた成功する、成功するよ。私見えたもの。」

彼にも、私の気持ちはダイレクトに伝わったのだろう。
彼は何も言わずに、頷いた。

風が強くなってきた、屋上のバー。
席を立った彼が、

「そろそろ行こうか。」

と言ってきた。

「あ、うん。」

もうたぶん遅い時間だし、このままホテルに戻るんだと思った。
私のほうは、なんとなく、まだ淡い想いを抱いたまま。

お会計になんか時間が掛かっていたので、私は自分のクレジットカードを出そうとしたが、彼がいいよ、いいよ、と止めたので、私は、本当にありがとう、と言って、また空を見上げた。

私達は相変わらず、エスコートする時の指先だけを少し握った形のまま、
エレベーターを2回降りて、タクシーを拾った。

「あなたのホテルに戻るよ。」
「うん。」

時計を見ていないから何時ころかは、分からない。夜の10時?12時前?
車内は急に静かになり、軽く触れているだけの指先の温度を意識すると、心臓の音が強くなりそうで怖い。
あぁ、これでもうお別れなのね。彼はホテルの前でどうするの…。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森川愛(あいぷり)

Author:森川愛(あいぷり)
2000年にデビューした作詞作曲家、歌手です。
現在は小説を執筆中です。(映画化する為に奔走中です)
得意な事は、歌、司会、前世占い、
ライティング、インターネット通販、アフィリエイト広告コンサル、会社経営、
周りを元気にする事など。

公式サイト
http://morikawaai.com/

facebookページ
https://www.facebook.com/morikawaai/

Instagram
morikawa_ai

Twitter
@ai_morikawa

最新コメント